ギルドイベント「再来! Dr.エッグマンラッシュ」イベントボス攻略(前編)

ギルドイベント「再来!Dr.エッグマンラッシュ」の通常ボスの特徴をまとめました。
攻略に役立てていただけると幸いです!

通常ボスはシリーズこそ前回と同じですが、行動の傾向が変わったボスもいます

※主に560~620あたりで調査しています。
※討伐数でターン数や持続ターン数、おじゃまぷよの数など変わります。
※攻撃体力の評価は目安です。また、キリ番ボス(10、20、30など)の評価は含みません。

末尾「1」(ひつじ執事)

体力 ★★★★★★★(すごく高い)
攻撃 ★★★★★☆☆(高め)

自動回復

敵ボス攻撃後、最大体力の1.5%自動回復します。
後半にいくほど回復量が増えるため、火力が低いとダメージを与えても削ることすら困難になってしまいます。

ギルイベボス1

攻略のポイント

通常攻撃で削れなくなったらスキルで一気に削る!

漁師雅楽師を入れて素早くスキルを溜め、一気に削ってしまいましょう。
攻撃アップや色変換(初代など)、童話などがオススメです。

攻撃は高めですが、毎ターンの単発攻撃なのでそうたいしたことは無いため
防御スキルは入れず体力が上がるリーダーの起用で充分です。

強力なスキルが無いなら割合で

フェス系などの強力なスキルやリーダースキルが無い場合は、西洋妖怪の割合ダメージで削りましょう。

ただ、削った後に適当な行動をとってしまうと回復してしまうため、短いターンで複数の割合を当てれるデッキを作るか、初手で割合を当てたらそのまま待機するか退却しましょう。

末尾「2」(とり)

体力 ★★★★★★☆(高い)
攻撃 ★★★★★☆☆(高め)

スキル封印が面倒になることも

5ターンに1度使ってきます。手ごわくなる要素ではありませんが
スキルカウントが溜まった直後、キーとなるカードが封印されてしまうとスキルが発動できず倒すのに時間ロスが発生してしまうケースも。
開幕から使ってきますが、すぐにスキルが使えるわけではないため影響なし。

600を超えたあたりから1体2ターンスキル封印が2体3ターン封印に変わります。

とり封印

攻略のポイント

対応は必要だがボスの中では楽な部類

攻撃時は1ターン行動なものの単発攻撃なので耐えるのはそう難しくありません。封印・スキル封印されても対応できるよう攻撃スキルなど複数入れ、誰が封印されても立ち回れるようなデッキ作りを心がけましょう。

末尾「3」(シーフドッグス)

体力 ★★★★☆☆☆(そこそこ)
攻撃 ★★★☆☆☆☆(低め)

おじゃまぷよを素早く処理!

色ぷよをおじゃまぷよをに替え、次の次の行動時に残っているおじゃまぷよの数に応じて強力な全体攻撃を仕掛けてきます。600未満はおじゃま数×20000ですが、600以降はおじゃま数×100000となり、まず耐久は無理と思っていいでしょう。

討伐数が増えると、おじゃまの数が増え難易度が上がってきます。

攻略のポイント

おじゃま処理ができるかがポイント

攻撃は全ボスの中でも低いうえ単発攻撃なため、おじゃまぷよによる攻撃さえ食らわなければそう怖い相手ではありません。

おじゃま処理が苦手な方は星の魔導師や漁師のスキルを使い、ぷよ消しをやりやすい状況を作ると楽です。

ただ、固ぷよは生成された場所によっては処理が難しくなるため、確実に行きたいならぷよ消しを支援するスキルや盤面リセットなどを使ったほうがいいでしょう。

末尾「4」(ラビットダンサー)

体力 ★★★☆☆☆☆(低め)
攻撃 ★★☆☆☆☆☆(低い)

全体攻撃

全体攻撃を繰り出してきます。
攻撃自体は他のボスと比べると高くありませんが、全員定期的に攻撃を食らうことになるため討伐数が増えるほど耐えるのが他のボス以上に難しくなってきます。

攻略のポイント

対黄紫と1001体目以降は注意を

赤青緑は有利色で入ればダメージも軽く楽な相手ですが、盾がついたり半減できない黄紫は甘く見るとスキルを発動する前にデッキが崩壊してしまうことも。

基本こちらの体力が尽きる前に攻撃倍率の高いリーダーで倒しきるか、素早くスキルを発動させて一気に削るかになるため、漁師などスタメンの中で最も体力が低いカードはコンビネーションで体力を補強してあげるとより安定します。

回復も有効

攻撃が偏らないため、自動回復などのリーダースキルや回復スキル持ち、平均回復値の高いデッキを使って耐久するデッキも候補に入ります。

強いリーダースキルは大抵体力攻撃が上がるタイプが多いため活用する機会こそ少ないかもしれませんが、手持ちが無い場合は起用を考慮しても良いでしょう。

末尾「5」(ブリキの音楽隊)

体力 ★★★★★★☆(高い)
攻撃 ★~★★★★★★★(ランダム攻撃が凶悪)

状態異常が厄介

開幕から状態異常のステージ効果が発動します。

効果や持続ターン数はボスの属性によって違い、精霊シリーズと傾向が違うため勘違いしないよう注意が必要です。

  • 怯え
  • 混乱(1ターン)
  • 怒り
  • (15%×4ターン)
  • 麻痺

ランダム攻撃が非常に怖い

ランダム攻撃(全体)と単発攻撃を交互に繰り出してきます。
ランダム攻撃はときどき、非常に強力な威力(7倍前後?通常被ダメ3450の時に20000↑を確認)になることがあります。

攻略のポイント

安定を取るならデッキの2番目にも使えるリーダーを

一番怖いのはリーダーやサポートが状態異常を食らい、集中攻撃で倒れてしまうこと。こればかりは運なので、安全策で行きたいならリーダーが落ちても大丈夫なよう2番目にもリーダーとして使えるカードを入れておくか、ビースト鍛冶師で対応できるようにしましょう。

ただ、ビースト鍛冶師は自身が麻痺や混乱を食らってしまうとスキルが使えないため注意。
ビースト鍛冶師自体あんまりおすすめできないかなーというのが個人的意見です。

ランダム攻撃は運頼み

ランダム全体攻撃の高威力を連続で食らうと耐久が非常に困難。
そうそう来ませんが、来ないことを祈りながら素早くスキルを溜めて倒しましょう。

1回のスキルで倒せないようならSUNシリーズか怯えでダメージを抑えれば安心して戦えます。


6~9の攻略を読む