「ローゼマの挑戦状」攻略(導入編)。最大の敵はハートボックス!?

ローゼマの挑戦状

2019年2月18日~の再来イベント用に情報を更新しました。

期間限定ミッションで素材が入手できるため、まだ☆6にできてない方は是非挑戦を。

前提&ステージ効果

テクニカルマップの制限

  • UR200以上のみ挑戦可
  • タワーボーナス無効
  • サポーター選択なし(ベストールの挑戦状は「ネヴァ」で固定)
  • デッキのキャラクター重複不可
  • コンティニュー不可、または制限あり

「デッキのキャラクター重複不可」に関しては、
例えば「シグ」と「ゆかたのシグ」のような亜種キャラを同時にデッキに入れることはできません。「シグ」と「くろいシグ」のようなフェス絡みのカードとは重複扱いにならないようです(別キャラ扱い)。

重複になるかどうかはコンビネーションが乗る・乗らないで調べることができます。

また、ベストールの挑戦状ではサポーターが不在でしたが、ローゼマの挑戦状ではネヴァが固定でサポートに入ります(レアリティやステータスは難易度で変化)。

ネヴァ

リーダースキルは緑属性の攻撃と回復を○倍にし、毎ターン緑属性に「回復」×1の回復

星座ガールズは他の挑戦状イベントで大変有用なため楽勝かと思いきや、その分ステージ効果がやっかいなクエストとなっています。

ステージ効果

スキル発動ぷよ数2倍

通常40カウントでスキル発動できるカードは80カウント必要に。
最終ステージはスキルが必須のため、漁師のように稼ぎやすくなるカードを用意するか、ステージ中、敵の数を減らしてカウント稼ぎする必要があります。

ハートBOXを巻き込むとダメージを受ける

今回最も厄介なポイント。
巻き込むと通常の回復量だけダメージを受けます。連鎖巻き込みなら連鎖係数も反映。

となると対策なしの場合、回復手段はネヴァの自動回復と全消しのみとなります。

デッキ構成やぷよ消しに自信が無い場合、更なる回復手段を用意したほうが無難です。

「ローゼマの挑戦状」の仕様

緑属性以外の攻撃は厳しい

高難易度ではステージ1で緑属性以外の攻撃を吸収、ステージ2では反射が待っています。気を付けてぷよ消しを行なってもネクストの落ちぷよで他色が消えてしまうことは避けようが無いため、副属性無しの緑単色デッキで行きましょう。

ターン経過・相手残り数で行動が変わる

特に超極辛ですが、大抵の敵は残り1~2体になると攻撃が激しくなったりハートボックスに変換したりなど、行動パターンに変化が起こります。

戦う順や半端に全体攻撃削ってしまうと、思わぬ逆襲が待っているため倒す順番に注意して進めていきましょう。

可能であれば同時撃破を狙えば行動パターンが変わらず安全に進めることができます。

状態異常は効かない!

挑戦状クエスト全般に言えることですが、状態異常盾が多く(最終ステージは全員全種類あり)、ギルイベの定石である怯えや怒りで弱体化させて戦うスタイルは使えなくなっています。

あいての状態


ステージ攻略はこちら